yuka_chikurin.jpg

新潟県ゲートキーパー協会

​みんながゲートキーパープロジェクト

 

私たちについて

当協会の趣旨

新潟県ゲートキーパー協会は、広く市民に対して、自殺の危険を示すサインに気づき、適切な対応を図ることができるゲートキーパーの養成に取り組むとともに、ゲートキーパーが地域で実施する活動の支援をすることで誰もが自殺対策を自分ゴトとして捉え、一人ひとりがつながり支え合う社会の実現に寄与することを目的とし活動しています。

 
シェルパ.jpg

​​ゲートキーパーとは

​「生きる人を支援する人」

「ゲートキーパー」とは、自殺の危険を示すサインに気づき、声をかけ、話を聴き、必要な支援につなげ、見守ることができる人のことで、言わば「命の門番」とも位置付けられる人のことです。

また、相手を信頼し、成長することを信じきる人のことです

自殺対策では、悩んでいる人に寄り添い、関わっていくことで「孤立・孤独」を防ぎ、支えていくことが大切です。専門家であっても、そうではなくても、1人でも多くの方に、仲間や周囲の人たちのそれぞれの立場でできることから進んで行動を起こしていくことが自殺対策につながります。

 

活動内容

​​みんながゲートキーパープロジェクト

group_student.png

新潟県自殺予防教育
プログラム
に基づいた研修

厚生労働省や文部科学省が推進する子ども・若者自殺予防プログラム「SOSの出し方に関する教育」が令和2年度から新潟県立高校で実施が始まりました。

​当協会では、児童生徒・学生・教職員・保護者へ「SOSの出し方に関する教育」の出前授業を実施しております。

jugyou_fukei.png

​味方になりきる

コミュニケーション出前授業

​我が国の自殺者数が減少傾向にある中、若者の自殺者数は減少しておらず、逆に増加傾向にあります。「味方になりきるコミュニケーション」を出前授業でお伝えすることで、子ども同士が相手の変化に気づき、「私はあなたの味方だよ」とメッセージを送り、寄り添うことができます。クラスが変われば、学校が地域が社会が変わります。

nagusame_friend.png

​​ゲートキーパー養成講座

​専門家ではなくてもなれるゲートキーパー。大切な人の変化に気づき、気持ちに寄り添う声かけをし、しっかりとお話にお聴きした上で、必要な機関につなぎ、見守る、このようなゲートキーパー活動を地域の皆さんが一人ひとり実践することができるゲートキーパー養成講座を開催しています。

 

​​日本ゲートキーパー協会

新型コロナウイルス対応 

ゲートキーパーミニ講座 大人編

みんながゲートキーパープロジェクト
ほっとコミュニケーション講座

新型コロナにより緊急事態宣言が出され、宣言の終了時期を延長するとの 報道がされていますね。今までに体験した事のないストレス状態であり ますし、先が見えない不安感が増え続けているように思います。 平成9年ごろ金融危機があり自殺者が1万人くらい増えた時期がありま したが、現在のコロナによる変化は今まで体験した事のない大きな影響が あるように思います。

そこでこの度、日本ゲートキーパー協会が「新型コロナ対応 ゲートキーパーミニ講座 大人向け」を作成いたしました。https://youtu.be/wJMnWIFHnJU


落ち込んでしまっている方に対して「ほっとコミュニケーション」をお届けいたします。

 

​​日本ゲートキーパー協会

新型コロナウイルス対応 

ゲートキーパーミニ講座 こども編

みんながゲートキーパープロジェクト
ほっとコミュニケーション講座

新型コロナにより緊急事態宣言が出され、宣言の終了時期を延長するとの 報道がされていますね。今までに体験した事のないストレス状態であり ますし、先が見えない不安感が増え続けているように思います。 平成9年ごろ金融危機があり自殺者が1万人くらい増えた時期がありま したが、現在のコロナによる変化は今まで体験した事のない大きな影響が あるように思います。

そこでこの度、日本ゲートキーパー協会が「新型コロナ対応 ゲートキーパーミニ講座 子ども編」を作成いたしました。https://youtu.be/hbMK-3RKdWk 


落ち込んでしまっている方に対して「ほっとコミュニケーション」をお届けいたします。

 

お問い合わせ

新潟県ゲートキーパー協会

​代表 長谷川淳子

事務所 新潟県三条市北新保1‐20‐18

電話:0256‐34‐8960

Fax:0256‐34‐8960